制作の高橋です。

週間少年ジャンプで掲載されていた『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』など、大ヒット作なので知っている方も多いと思いますが、少年ジャンプで一番ではないかという画力の持ち主の小畑氏の描く漫画の原稿を生で見てみたい!と思い、だいぶ前の話になりますが1/19(日)「画業30周年記念小畑健展NEVER COMPLETE 」に行ってきました。

30代から60代の色々な年齢層の人で賑わっていました。
読むのは好きですが、マンガ制作のことは全く知らないので初めて知ったことですが、
小畑氏の現在連載中の「プラチナエンド」以外は、なんと全て手描き…!!

マンガを読んでいて、綺麗な絵だなーっパソコンかな?と思っていた生の原稿は、ペンとホワイトとベタとスクリーントーンで丁寧に書き込まれたものでした…!

人の手でここまで美しく描けるものなのですねと会場のみなさんも感嘆の声を上げている方が多かったです。