情報発信とプレスリリース

こんにちは。ヨッシーです。(笑)前回は、情報発信とブランドとの関係についてお話しました。

https://kobe-takagi.co.jp/2019/11/15/mbaヨッシーのマーケティング講座vol-9/

今回は、情報発信とプレスリリースについて説明をしていきたいと思います。
自社や自社商品、新商品を多くの人達に効果的に知ってもらいたいと誰もが考えますよね。そこで、テレビやラジオ、新聞、雑誌等に広告を掲載するという手もありますが、広告は料金が高いし、それに情報の受け手に対して送り手が一方的に自社や自社商品をアピールする形になってしまい説得力が弱まります。
しかし、テレビやラジオ、新聞、雑誌等から取材を受けて記事として掲載してもらえると広告費が掛からない上に記者の視点で記事を書いてもらえるので受け手に対して説得力が高まります。
「そりゃあ、メディアから取材されたら良いに越したことはないが、どうすれば取材してもらえるの?取材なんてそう簡単にしてもらえないのではないの」という声が聞こえてきそうですね。
じっと待っていても取材は中々してもらえないのが現状です。そこで、プレスリリースをして自らメディアに売り込む(情報発信)する必要が出てきます。メディアは公器なので取材をして記事掲載するには大義名分が必要です。
その大義名分とは、①社会貢献、②今までにない独自性(オリジナル性)、希少性、革新性等です。これら大義名分をプレスリリースとして各メディアに送るアクションが必要です。この話は長くなりますので次号に続きます。
次回も、ブランドとメディア、プレスリリースについてお話していきたいと思います。