制作部の高橋です。真夏の雪まつりを体験しに、先日六甲山カンツリーハウスへ行ってきました。
家を出るときはミンミンゼミ大合唱の蒸し暑い日でしたが、ここではひぐらしが鳴いていて湿度が低いのか爽やかでした。遊具フリーパスというのがあって、子供だけフリーパスでトランポリンやわんぱくスキーで遊べます。付き添いの大人も一緒に魚釣りやペダルボートができます!お得ですね。
朝から閉園までいてもまだまだ遊び足りないくらい楽しかったようです。
六甲ガーデンテラスや六甲山フィールド・アスレチックなど施設が他にもいっぱいあるので、今度はキャンプで行ってみようかなと思います。

帰りは表六甲の長い下り坂をオートマで下っていったのですが、アレ?ブレーキの効きが悪い?と、ブレーキを踏んでもかかっていないような滑った感じがするような…

しかもガソリン給油のランプが付いている。とミニパニックが起きましたが、誰かが言っていた『長い下り坂ではセカンドにするといいよ!』という言葉を思い出し『2』にすると全く問題がなくなりそのまま無事ガソリンスタンドへたどり着きました。

あとで調べたら、フェード現象というのが起きていたらしく(たぶん)フットブレーキは踏み続けてはいけないとのこと。車を運転する人は知っているかと思いますが(わたしも絶対に覚えておきます!)急坂や長い坂では、低速ギアを使いエンジンブレーキを使って下るようにしましょう!

六甲山夏の風物詩『真夏の雪まつり』