おはようございます。高木克彦です。

数多くある趣味の一つである、読書。毎月何冊か行きつけの本屋で購入しています。

お風呂に入った時やゆっくりしているとき、忙しい時の気分転換によく本を読んでいます。

ここでは、オススメの本をご紹介していきますので、よろしくお願いします。

「生きることば あなたへ」

瀬戸内寂聴 著

苦しい時、辛い時、泣きたい時に。
心癒される「ひと言」がいっぱい
詰まった一冊。

わたしの妻が瀬戸内寂聴さんが好きで寂聴さんの法話を聞きに二人で京都の寂庵まで行ったことがあります。
その帰り京都の本屋さんで買った一冊です。この本は、

一、わかれ

二、さびしさ

三、くるしみ

四、いのり

五、しあわせ

の五つの編からなっていて、

「人は生まれた時、定命というものを与えられていて、この定命が尽きるまではこの世で生きていなくてはならない。

生きることは楽しいことばかりではなく、お釈迦様はこの世は苦しみの世の中だとおしえている。」

から文章は始まって、いろいろな状況に立たされた時に癒される本だと思います。

また夜、眠れなくなったときにこの本を手に取って心が慰められたりする一冊です。