10年後も生き残る会社になるためにはDXが必須です!


DXという言葉をご存知ですか??

DXと書いて「デジタルトランスフォーメーション」と読みます。デジタルはDで、なぜトランスフォーメーションがXなのかは置いておいて、これからの激動の時代を生きていくためには「DX」が重要なキーワードになります。

DXとは?


DXは一言で言うと「企業の業務、商品・サービスをデジタル化することで革新すること」です。ここで間違えやすいのはただデジタル化すればいいと言うものではなく、デジタル化をすることで「革新」するまでを行うことが重要です!
例えば、今まで顧客に請求書を郵送で送っていたのを、PDFデータでメールで送るように変更する。これはただのデジタル化であって、DXではありません。
デジタル化による革新とは、もっと企業にインパクトを与えるもので、常識が変わるようなことです。
例えば今までセミナーを行うことでサービスを販売していた人は、部屋を予約して、そこにお客様を集客して、セミナーをして、参加者に営業をかけることが常識でした。これによって、地域が限定され、時間も限定され、セミナーする側の労力もかかっていました。
これをDXするとこうなります。まずセミナーはzoomを使ってオンラインで開催します。これによって地域の限定がなくなり、参加したい方は全国どこででもセミナーを受けられます。さらにオンラインセミナーは録画できるので、もしセミナーの時間に都合が悪い人がいたら、録画を見せることで対応もできます。これで時間の限定もなくなります。さらに録画しておいたらリアルタイムでセミナーする側がしゃべらなくていいので、一回撮影してしまうと同じ内容のセミナーが無限にできます。

このようにデジタルを駆使して、常識的にやっていたことを取っ払い、生産性を何倍も増やすことがDX〜デジタルトランスフォーメーション〜です。
あなたの事業でDXできることはありませんか?
当社のDX事業担当がzoom無料相談を行なっておりますので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA