どこにでもいる男たちと女たちの“出会い”が生みだす

ちいさなドラマが集まった6つの短編集

 

皆さんは本屋さんで本のタイトルだけ見て購入したことってありますか?今回はそんな本で「人生ベストテン」角田光代著タイトルを見て、角田光代さんの著書だったのでまよわず購入。
全6篇からなる短編集でしたが私にはちょっとハマリませんでした。(角田さんのファンの方すみません!)
内容的には男と女のドラマでしたが、あまりおもしろくなかった。(私には。)でも古本屋で100円で買ったので、まぁ!いいかって!と思った。皆さんの人生ベストテンは?(髙木 克彦)