今回は、漫才のキンコン 西野亮廣著
「新・魔法のコンパス」です。
西野自身が「1時間以内で読めない本は厳しくなってきた」と言っている通り文字の大きさ、かなり空いた行間と私は2時間で読むことが出来た。
めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方を伝える。
そして「僕たち人間は“知らないものを嫌う性質”を持っている。」
キミが未来を知らないかぎり、キミは未来を嫌い続け、
キミは未来を迎えることができない。
「なんか、よく分からないけど、怪しい」と蓋を
してしまったモノの中に、未来が眠っている。
「知ること」から逃げちゃダメだ。
キミが持たなきゃいけないのは学校で貰った
コンパスじゃない。
どれだけ地図が描き変えられようとも、キミの行き先を指してくれる『魔法のコンパス』だ。

昨日の常識が今日、非常識になる。
そんな時代の思考法と生き方をキンコン西野が書く、若い感性を知る一冊。